So-net無料ブログ作成


意図的にでは無く…たまたま イナダ・ワラサ・カンパチ 渡辺釣船店 [さかな釣り]

ども、はっしーです

今回はタチウオ大会に引き続き
同じく渡辺釣船店さんで行われた青物ジギング大会
「横浜サンスイCUP ジギングバトル in tokyobay」
に参加して来ました

いやー過酷な戦いでしたよ…

大会前日 集合時間の確認をしようと
渡辺釣船店さんHPをみてみると
対象魚が「イナダとワラサ」だったはずが
「イナダ、ワラサ、カンパチ、サワラ、サバ」と…
えっー!? 釣れそうな青物全部?
しかもサバまで入ってるし……
今週はじめあたりから
イナダくんとワラサくんのやる気が
下がっていってるように船宿釣果を見てて
感じてはいたのですが…
マジで良く無いのかも…
タックル1本で望もうと思っていたのですが
最悪(サバでバトルや激シブ)の事も考え
急遽PE1号+20lbリーダーを巻いたタックルも準備する事に
使わないですむ事を願いながら…

当日の朝 抽選で釣り座が決まるのにもかかわらず
いつもどおりに1時間前に船宿到着
車を駐車場に置き 受付をし
パンパンに詰まった参加賞の袋を受け取り
釣り座の抽選を引くと
A5番…いつものルアー船(7号艇)の左舷 前から5番目
風向きや潮など全く見ていなかったので
そのポジションが良いのか悪いのか
さっぱり分からないけど
イケスがある場所なので広さはステキ
…釣りには関係ないけど…ね

開会式が始まるまで他の方達のタックルを見てると
やっぱりスピニングが大半をしめており
D社だと4000番クラスとかS社だと6000番クラス
ロッドもソルティガだったりMCワークスだったり
そうだよねぇ…ワラサ狙ってんだもんね
一方自分のタックルはというと
先日naoさんのトコで買ったリョウガに
またまた折れてしまったのを自分で修理してみたロッド
リールは問題無いが……大丈夫かな?
まぁ活性も良く無いみたいだし
ワラサ…一度も釣った事ないし
…問題無いな(笑)

7時に開会式が始まり大会説明
簡単にルールを説明すると
・釣り方はジギングのみ
・2匹まで総重量で競う
・タックル持ち込みは2本まで
・2本同時使用は不可(出来ないと思いますが)
・1人1個クラーボックスが無いと失格
・帽子、サングラス、
 ライフジャケットを着用していないと失格
などなど以前と比べるとかなり細かくまで
ルールが設定されており
さらにはクラーボックスの中身が空か
チェックまでありました
まぁ皆が楽しく大会に望むためですもんね
いろんな事を考えないといけない
いろんな事を用意しないといけない
そんな企画する側は大変だなーと思います
楽しい大会にいつも参加させてもらい感謝です

IMG_0226.JPG

さて説明が終わるさっそく出船
ふと携帯を見ると土屋隊長から
「頑張ってください!」と嬉しいメールが
20分程で船は減速
反応を探してる…探してる
ふと5号艇が目に入る
あれ?もう釣りしてんじゃーん
しかもタモ出してるし(汗)

すぐに7号艇も「どーぞ」の合図
水深は20mちょい
60g自作ジグのピンクシルバーを落としてみる
しかし着底後シャクるがどうシャクるか悩む…
青物は速巻きが良いとよく聞くが…
先日 深田正夫丸さんでお会いしたTさんが言ってた
「シャクリ方では無くジグを泳がす事が大切」
という言葉を思い出した…
まだイメージというか
どういうのが泳いでるのか
理解出来ていない…
とりあえず周りを見てみるとやはり大半は速巻き
気が付くとマネっこしちゃってました…反省m(_ _)m

2つ目のポイントで右舷前から3番目の方が
イナダをヒット
ポイントを変えしばらくすると
左舷前から8番目の方がショゴを上げ
またポイントを変えしばらくすると
左舷前から3番目の方がイナダを上げる
しゃくり方、リール、ジグの形状、カラーが
皆さん違うもんだからまた自分 悪いパターンに…
ジグも目まぐるしい勢いで交換…
なんて優柔不断なんだ?
おーい ジグを泳がす事は何処に行ったー?

IMG_0230.jpg

とりあえずジグをスキルジグ50gの
ピンクシルバーに落ち着かせてみることに
フォールもなんとなく早く 引き抵抗も少なめで
なんと言っても見た目がカッコ良いので好きだ
それとフックも1/0を付けていたけど
そんなデカイのは顔を出しそうも無いしとりあえず
1匹欲しいのでジャコフックのMにサイズもダウンしてみた
たしか去年か一昨年この組み合わせでイナダを何匹か釣った
「釣れた時と同じ事をすれば絶対また釣れる」とも
Tさんが言っていたのを思い出す
それは同じ状況で同じジグ(道具)を使っての時の事
を言っていたんだと思うが
もうイナダを釣った時のパターンは覚えていない
とりあえず魚もジグもが違うがタチウオが
釣れた時の事を思い出しながらシャクッてみる
するとなんとなく釣れるよーな気がしてきた
が まだしっくりこない
そんな事をやってるあいだ
後ろの方でポツリポツリとイナダが上がるが
何故か前方では誰も上がらなくなってしまった
時計を見ると10時を過ぎてる
このまま検量する魚が無く終わってしまうかも…
とりあえず速巻きは忘れて
ラインの先にくっついてるジグの事に集中
底から10m程シャクッては落とすを繰り返す
とクラッチを切った瞬間

キターーーー!

ジグについて上がって来た魚が
急にフォールしたので反射食いしたのかな?
途中 横走りの阻止に失敗し
右隣の方のラインを巻いてしまいながら
上がって来たのはイナダくん
これで検量には参加出来ると一安心
だけどPEが隣の方のリーダーに絡んでしまい
リーダーを切って解いて頂き…反省
絡めたのは自分(イナダ)なのにm(_ _)m

さっきの感じと同じシャクリを繰り返す
だけどアタリすら全く無い…
けど他のパターンは釣れる気がしない(知らない)ので
またいつかガツンとやって来る事を信じ繰り返す

IMG_0227.JPG

この時点で船中28人中 魚が釣れてるのは自分を入れて7人
その中で2匹釣れてるのは2人
今回賞品がもらえるのは総合1位と船別1位〜3位と
全体の13位、23位、33位、43位のサンスイ賞
サンスイ賞はピンポイントすぎて
狙うにはちょっと難しいけど
あと1匹釣れれば船別の暫定3位に入れる
…なんてどん欲根性が (お恥ずかしい)
と ポイントを移動中だった船が減速
タックルを手に持ち準備すると
沖ブイが目の前に登場!
めっちゃ釣れそうな気配!!
「どうぞ」の声と同時に皆さんも一斉にジグを落とす
なんか皆さんも同じ気配を感じたのか気合いを感じる
なぜかふとフォール中に釣友Hが良くやってた
着底寸前にクラッチを入れ巻き始める
ってのでシーバスをよく釣ってたのを思い出す
アナウンスがあった水深のラインのトコでクラッチを入れ
さっきと同じシャクリを始めた4シャクリ目

ガッツーン!

かなりイタいあたりと同時にロッドが大きくしなる
あわせをしっかり入れリールを巻くが
ドラグがリョウガ独特の「カリカリカリ」と
スピニングみたいな音をたててラインが出て行く
そう!この音が聞きたかったんです!!
が…楽しんでる場合じゃないっす
マジで強烈な引き!
なんか下に下につっこまれるんです(汗)
ドラグ設定2kgが緩すぎた??など思いながらも
途中でドラグいじってバラした事が以前あったので
そのままファイト!
上がって来たのはショゴ(カンパチの子)
人生で初めてカンパチ釣りましたー!
しかも刺身の中でカンパチが一番好きなんです
あのちょっとモチっプリッとしたやつが(嬉)
しかし……またやっちゃいました
今度は左側の方のラインを…
しかもグルグル巻きです
その方のジグは多分まだ2〜30mほど下に
「ライン切っちゃいますよ」とおっしゃるんですが
もったいないので一生懸命解きました
解き終わり「すいませんでしたー」と謝った後
ふと見るとその方の手には
グチャグチャになったPEの束がぁぁ…
PE解くのに一生懸命で気が付かなかったのですが
船長から「上げてー」のアナウンスがあり
迷惑が掛るかもと感じ手巻きでジグを回収されたそうです
あー本当に申し訳ない…反省m(_ _)m

結局そのポイントでまぁまぁ数が上がったそうで
2匹釣れた方も少し増え暫定3位も分からなくなり
左の方にはチャンスタイムを逃させちゃうし
はぁ…ダメダメですね(泣)

IMG_0228.JPG

その後ポイントをいろいろ変えてみるものの
パッタリと顔を見せなくなり…
もちろん自分はアタリすらありませーん
同じジグで同じシャクリを繰り返してみますが
13:30ストップフィッシングとなりました

港に帰り検量を始めますが
船中半分位の方が0匹
隣の方と
「もうちょっと活性の高い時に大会やると
みんな楽しめるのに…」
「大会開催が決定する時が一番ピークだから
いつも当日は活性が下がっちゃう
…まぁしょうがないですけどねぇ(笑)」
なんて話しながら発表を待ちます

IMG_0234.JPG

全員の検量が終わり数分後
発表がレディース賞から始まり
サンスイ賞と続いて行きます
今回は協賛メーカーが多いので商品もなんとも豪華!
続いて船別3位、2位と発表…

いやーやばいっすよ
さっきのショゴのヒットのじゃないけど
かなりマジでー!?って感じ


だってね









↓いただいちゃったんですもーん

IMG_0238.JPG

イェーーーーィ[手(チョキ)]

まさかまさかの船別1位
人生初の1等賞
いやーホントびっくりです

賞品も素敵な物を頂きましたよ

IMG_0251.jpg

メジャークラフト オフブロー OB-B57/2
今回の釣りなどに最適な設定だそうです
しかもスパイラルガイドでーす!

それからサンスイ3000円分お買い物商品券です
今度横浜店にお伺いいたしまーす

しかし総合優勝の方(5号艇からでました)
なんと自分のウェイトの倍ですよ!
サイズは運、数は腕と以前ネコてつさんが言ってたけど
ここまで来たら実力ですかね?
特にこの状況で…凄すぎです(汗)

その後じゃんけん大会で全員分の
豪華な景品が用意されており
かなり盛り上がっておりました
最後の最後に渡辺釣船店さんから
もう一度全員参加で
乗り合い船割引券争奪じゃんけーん

IMG_0253-b1ea.jpg

勝っちゃいました!!

いやーコワい怖い…
運にしても良すぎです
もちろん実力でもありませんよ
た ま た ま なんですから
賞をあげるならヒットしてくれたショゴくんかな?
ありがとです(おいしく頂きました…)

今回も勝手ながら皆さんのお力を
もらってた気がします
いつか今度はお力になれる時がくれば良いのですが
みなさま感謝致しますm(_ _)m


さて2週間後は初めて島周りでの釣り
しかも200gのジグをシャクリます
…まだ50gも泳がせられないのに…ね

とりあえず頑張ってみまーす

IMG_0246.JPG


釣行DATA

2009.09.27 イナダ・ワラサ・カンパチ 渡辺釣船店 at EveryTrail

Map created by EveryTrail: Share and Plan your Trips

実釣時間
9月27日(日) 7:20〜13:30
天気
くもり のち 晴れ
気温
20℃〜25℃

北東3m〜北北東3m

小潮
水温
21.3℃
船宿
新山下 渡辺釣船店
釣果
イナダ 1匹 38cm
ショゴ 1匹 39cm

タックル
ロッド:折れx2ロッド
リール:ダイワ リョウガ C2020PE-HL
ライン:YGKよつあみ ガリスジグマンX4 (2号)
リーダー:VARIVAS ショックリーダー フロロ30lb
ルアー:Mgワークス スキルジグ 50g
     SANSUIオリジナルアルミシルバーに
     胴体だけホロを貼ってピンクに塗装したもの
フック:シャウト ジャコフック M

コメント(2) 

考え過ぎ [日々日常]

昨日の帰り
マンションの階段を上ってたら
…いた

IMG_0213.JPG

飛んでるのは見た事あったけど
こんな近くで見るのは多分初めて
震えてたので外に逃がしてやろうと近づいたら
キィーー!
っと威嚇された…ごめんな

あっ
後から帰ってくる妻がビックリしないかな…
特に今日は大切なギブソンを持って帰ってくるはずだ
踏んだり転んだり落としたり叫んだり…
困るので気をつけるよう一応メールを打つ

数分後、妻が帰ってきた
とりあえず悲鳴はあげなかたみたい

妻に「いた?」と聞いてみたら
「いなかったよ」と
…あれ
なんか拍子抜けというか…

まぁ自力で飛んで行けたのならいいけど

もしくは誰か逃がしてあげたのかな?

それとも誰かが家に持って帰ったとか

ひょっとしてネコとかがくわえて

実はドラキュラで人間の姿になって

いやそもそもいなかったとか…幻覚?

むかし考え過ぎとよく言われてたけど
また最近もよく言われる
ようするにうるさいんだろうなぁ
良く無い事だ

そーいえばもーすぐハローウィンだ
今年の10/31日は義理の弟の結婚式がある
どんな格好していけば良いんだろう…
考える事はない…普通に礼服だよな(笑)
nice!(0) 

3度目の正直 カツオ・メジ・シイラ・イナダ 深田正夫丸 [さかな釣り]

イェーーーーィ[手(チョキ)]

DSCN1278.JPG

カツオ捕獲に成功しました
3度目にしてやっと…
長かったぁ…
ってかこの日も捕れないかと(汗)

今回はnaoさんからお誘い頂いた
シイラ・カツオ・メジ狙いで
深田正夫丸さん仕立てに
参加させてもらってきました

作戦では朝一 カツオをやって
ある程度釣ったらキハダを探しつつ
流れ藻、流木、潮目を見つけたらシイラを狙う
なんとも豪華3本立て
さすが戦略立てもばっちりです

深田正夫丸さんはHP等が無いので
釣果など分からず少し不安もあったのですが
3度目の正直になってくれるよう祈りながら
タックルを積み込みさっそく出船

DSCN1275.JPG

船長から朝一は近場でイナダをやって行くと…
あれ!?カツオは?
…まっいいか
あーでも今日もライトタックル
持ってくれば良かったなぁ…
イワシの網元を通過し
走って5分もしない場所でジギング開始
何回かシャクってるとギュンっとあたりが
久しぶりの青物の引きを嬉しく感じながら
上がって来たのはイナダには少し足りないワカシくん
次はイナダをと思い落としてはシャクる
船長の話では昨日この場所でワラサが出たとか
だけどカツオが気になり集中できない…

30分ほど遊んだ後いざカツオ探しに〜!
船長の「ドコまで走るか分からないけど」
と言う言葉に少し不安にさせられながら
船は走り出しました

1時間以上走った頃
船長がカツオが跳ねるのを発見!
皆→タックルを構える
船長→チャムを撒く
…しーん。
また30分ほど走った頃に跳ね発見で
戦闘モード…だけど同じ

やばい…
ひょっとして2度ある事は3度ある…か?
まぁしょうがない
ワカシくんだけでも釣れて良かった…
なんて弱気になってくる
しかも風と波が強い
天から海水が振って来る
けど前日naoさんが「カッパ持って来て下さい」
と連絡くれたので助かりましたが顔は塩だらけ…

DSCN1276.JPG

何故かずーーーーーと
100匹近くの鳥達が船の後を付いて来る
船の後ろに鳥山?を引連れカツオ探し…
鳥達よ…仕事をしてくれ
それともこの船が
カツオを見つけてくれるのを待ってるの?
…。

しばらくすると猛烈に睡魔が襲って来て
爆睡…zzZ
その間船長が一人でカツオ探し
けっこうスピード出してても不思議なくらい
船長はカツオが跳ねるのを見つける
しかもこの波の中でピョコってやつを
けど…チャムを撒いても出て来てくれない…
水温が23℃とまた下がってしまったせいかな?

途中かなりデカイ物体がジャンプしてるのを発見
イルカみたいにデカイがイルカじゃない
サメの出かたとは違うとなるとマグロか!?
と皆で盛り上がる
しかし風が強すぎて旋回出来ないと言う事で通過(泣)
そのとき他の船からカツオが出たと
連絡が入り船を飛ばす
が途中で船長がまた跳ねを発見!
減速して様子を見るとパシャっとまた出た!
さっそく戦闘モード開始
船長がチャムを撒くと何匹もカツオが出て来た
隣の方がすぐさま投げる
といきなりヒット!
カツオがルアーを食った!!!!
初めて見たので自分はこれだけで感動
いやいや自分捕らんと…
お気に入りの13cmシンキングペンシルを投げる
その間にもカツオが下からわさわさ上がって来る
水面下をフラフラ引いて来るが食わない…
サイズかなと思い
昨年naoさんのオススメで購入した
10cmのシンキングペンシルに変更
水面下をまたフラフラ引いて来ると
いきなりグン!っと少しタチウオに似た(たぶん違う)
押さえ込む様な重いアタリの後に下に突っ込む!
がこっちはパワータックル
引きを楽しみつつ難なく上がって来たのは
40cm級のまぎれもなくカツオ!
3度目にしてカツオやっとゲットだーーーー!
ペンチをタックルボックスに入れっぱなしで
フックを外すのに少々とまどりアセる…
すぐさまルアーをもう一度投げるが…あれ!?食わない
バシャバシャも気のせいか
さっきより静かになって来てる様な…
やばい…もう1匹は捕りたい
良く見ると下から上がって来て
ルアー手前で見切ってまた下に帰って行ってる
さっきと何が違うんだ??
チャムを撒けばまだ水面でバシャバシャしてる
ん?ちょっと沈め過ぎかな?
今度は投げて直ぐに巻いて来る
とヒットしたぁ〜!
なるほどね
カツオは頭が良いんでいらっしゃるんだなぁ…きっと

足下でバイブレーションされてるのが気になるので
カツオをとりあえずクーラーに入れ氷を足す
ポジションに戻ってくると活性が明らかに下がってる…
さっきの様に投げ引いて来るが食わない
でもチャムにはたまに…食う
そこでワームを試してみる
投げて巻いてくるがカツオは食わない
何かが違うんだろう…
投げないで足下で水深やらアクションの感じを見てたら
いきなり下からカツオが現れ目の前でワームをくわえ下に
カツオがサイトで食った!
当然竿には一気にギュン!っとテンションが!
面白すぎる〜〜〜!!!!
その1匹を上げたのと同時にあの大量にいたチャムが終了
カツオも水面でバシャバシャしなくなったので
ジグを落としてみるがアタリ無し
15分程度とあっと言う間の出来事でした

そこでパヤオにシイラを狙いに行く事に
江ノ島沖のパヤオ3つを狙うが
3つともシイラはお留守
では朝一のイナダをと戻る
こちらはパタパタ上がる
が自分には全く当たらない
たぶんカツオが釣れて満足したんだな

いやーでもカツオ釣れて良かったです
当日は釣果が悪かった船宿さんもあったみたいだし
ほんとこれは運なのかな
ギャンブル性が高いと思うけどハマっちゃうかも

沖上がり後に事務所でお茶とお茶菓子をごちそうになり
さらにお土産にとシラスとサヨリを頂きました
船はちょっと小さいのが難ですが
船長の目と腕と感には惚れ惚れするとこもあり
サービスも良いのでみなさんおすすめです!
それと今回はほとんど初対面の方達ばかりの中に
参加させてもらいみなさん仲良くして頂き
いろんな話やアドバイスなども頂きました
楽しむ事が出来てほんと感謝しております
またご一緒させてもらう事がありましたら
よろしくお願いいたします

DSCN1281.JPG


釣行DATA

1-20090825.png

2009.09.06 カツオ・メジ・シイラ・イナダ 深田正夫丸 at EveryTrail

Map created by EveryTrail: GPS Community

実釣時間
9月6日(日) 5:30〜14:00
天気
晴れ
気温
28℃

北北東3m

1.5m

中潮
水温
23℃
船宿
佐島 深田正夫丸
釣果
本カツオ 3匹 37〜43cm(1.1kg)
 ワカシ 1匹 34cm
タックル
カツオキャスティング
ロッド:HOT'S GIPANG TideLez 67M
リール:DAIWA SALTIGA Z4500H
ライン:VARIVAS GAME 20lb
リーダー: VARIVAS SHOCKLEADER 50lb 20cm
ルアー:SAURUS shicotwitcher10cmHW c-マイワシ
    ジグヘッド+ワーム
ジギング
ロッド:DAIWA SALTIGA 55B3/4
リール:DAIWA SALTIGA Z30L
ライン:VARIVAS AVANI Jigging
        10×10 MaxPower 3号(40lb)
リーダー: VARIVAS TOURNAMENT LINE 60lb
ルアー:Mg-CRAFT Skill-L.C 63g KHピンク


コメント(49) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。